Z1000A2 T.M様 Z1R化開始

 

おなじみのMk2化されたZ1000-A2ですが、今回Z1R化することになりました。タンクとカウルなどは只今1型カラーにリペイント中で、もうじき仕上がってきます。

  

別のZ1R外装などを使って、カウルステーなどの準備をします。

 

シートは新品発注したクラスフォー製のスリムシートです。

 

シートベースはFRP製。ダンパーやブラケットは純正が適合します。

 

シートブラケットとダンパーは、今でも買える純正品を使います。

  

リヤのブラケットは生産終了なので、Mk2シートから流用します。U字ボルトは新品が出ます。

 

シートをデモ車に載せて、フィッティングを確認します。ピッタリですね。

  

車両の方は、ストリップにします。

 

現状はこんな感じ。A2にブラケットを追加してMk2化しています。

 

そのままテールカウルを載せてみます。マウントは同じですね。

 

テールレンズのブラケットは、Z1R用に合わせて作り直します。

 

Z1Rのテールレンズを付けてみます。

 

レンズの高さが少し低いようなので修正します。ナンバーホルダーとテールカウルも少し干渉するので対策します。

 

ナンバーホルダーの一部に逃げを作ります。

 

黒く塗装しておきます。

 

修正したテールブラケットを取り付けます。

 

横から見るとこんな感じ。

 

テールレンズの高さもちょうどよくなりました。タンクからシート、テールカウルへの繋がりもいい感じです。

 

続いて既存のシートブラケットを削除します。

 

先ず、大まかにカットします。

 

滑らかに研磨します。

 

シートロックは今でも買えるバリウス250の純正を使います。プランジャーが少し長いだけなので、マークした部分でカットすればZ1Rに流用できます。

 

この位カットします。

 

デモ車に取り付けて、作動を確認します。

 

続いて、イグニッションキーとシリンダーを合わせたいので、保管しておいたヘルメットホルダーのキーシリンダーを取り出して使います。

 

バリウスのシートロックからキーシリンダーを取り外します。

  

ヘルメットホルダーのキーシリンダーを移植します。これでワンキー化できます。

 

シートロックはこの位置に、ブラケットを新たに製作して設置します。

コメントを残す