Z1000Mk2 T.T様 電装品の動作チェックとクラッチレリーズのオーバーホール

 

ハーネスの改造が済んだので動作チェックします。エンジンは、カムチェーンのトップアイドラーがまだ入荷していないので始動チェックは後回しです。

  

シビエのヘッドライトは、ポジションも点灯します。

“Z1000Mk2 T.T様 電装品の動作チェックとクラッチレリーズのオーバーホール” の続きを読む

Z1000Mk2 T.T様 メインハーネス交換に伴う配線の改造

 

メインハーネスや多くの電装品を新品にするので、接続は都度改造が必要になります。

 

今回使用したメインハーネスはPMC製のZ750FX1用です。先ずは左のハンドルスイッチとの接続が異なるので改造して合わせます。基本はメインハーネス側をいじらずに、周辺機器側を改造するので、今後はFX1用の部品を買えばカプラーオンで交換可能です。

“Z1000Mk2 T.T様 メインハーネス交換に伴う配線の改造” の続きを読む

Z1000R1 T.T様 ワークスパフォーマンスのオーバーホール

 

装着していたワークスパフォーマンスのリヤショックですが、オイル漏れが始まったのでスクーデリアオクムラさんでオーバーホールしていただき、今回は約3週間で完成です。

Z1000R用ワークスパフォーマンスリヤショックのオーバーホール品

 

作業のレポートはこちら。ロッドに傷があり、研磨して対応したとのこと。これはよくある事例です。「ブラダ」とは、リザーバータンク内にある気液分離の隔壁で、樹脂でできているので古いものは破損していることが多く、今回も交換となりました。本来、高圧のガス圧で加圧され、ロッドの上下動によるキャビテーションを防止する設計になっていますが、ガス圧も抜けてゼロだったことがわかります。

“Z1000R1 T.T様 ワークスパフォーマンスのオーバーホール” の続きを読む

Z1000Mk2 T.T様 純正フロントキャリパーとリヤマスターのオーバーホール

 フロントキャリパーオーバーホールの続きです。純正のインナーパーツが入荷したのでアッセンブリーします。ピストン以外の消耗品は一通り揃いました。

  

スライドピンをグリスで十分に潤滑して組み立てます。浮動キャリパーなので、ピストンのあるキャリパー本体がスムーズにスライドすればOKです。スライドが渋かったりするとレバーのストロークが大きくなり、レバータッチも悪くなります。

“Z1000Mk2 T.T様 純正フロントキャリパーとリヤマスターのオーバーホール” の続きを読む

Z1000Mk2 T.T様 モリワキモナカ用ステー製作

  

お持ち込みのモリワキモナカマフラーを取り付けます。Z用なのですが、サイレンサー側ステーの位置が、微妙な所にあるのですんなりとは付かないのです。

 

エキパイ側の取り付けは問題なし。ダウンチューブが2重巻きで太くなっているMk2などは、太いエキパイの取り付けに苦労するものです。ナットは小型のセルフロック付きステンレスフランジナットがお勧めです。

“Z1000Mk2 T.T様 モリワキモナカ用ステー製作” の続きを読む