鉄S1スイングアーム完成

  

鉄S1スイングアーム製作の続きです。
トラス部分のパイプを製作します。曲げるので中に砂を詰めます。

 

ベンダーでパイプを曲げます。

 

チェーン引き側を扁平につぶします。

 

現物合わせでカットします。

 

切断面を擦り合わせして、溶接します。

 

キャッチタンク部分のフタを溶接して、メインの部分は完成です。

 

キャッチタンクはドレンボルト付きです。

 

サス受けは10ミリオフセットするので、張り出しの長いステーを製作して溶接します。

 

トルクロッド受け、スタンドフックを付けて完成です。

160ミリワイドタイヤ対応です。

 

因みにこの状態での重量は約6.5キロです。ノーマルよりかなり重くなりますが、実際に付けて走ってみるとその重量増のネガ部分より、剛性感UPのメリットの方が大きく感じられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です