鉄S1スイングアーム製作の続き

  

鉄S1スイングアーム製作の続きです。キャッチタンク部分を製作します。

 

切り出した鉄板をベンダーで曲げます。

 

試作のスイングアームから曲げ角度を読み取ります。

 

同じ角度まで曲がりました。

 

スイングアームにあてがい、接続面を擦り合わせします。

 

キャッチタンクを溶接する前にホースニップルを取り付けます。

 

ニップルは反対側まで貫通しています。この箱部分は閉じていないので、キャッチタンクとしては使いません。

 

先ほど折り曲げた鉄板を溶接します。

 

スイングアームが歪まないよう、左右対称に少しづつ溶接していきます。

 

箱部分の溶接ができました。

 

続いて、ワイドタイヤ用の逃げを作ります。160ミリタイヤ迄履けるよう、内幅を170ミリにします。

 

逃げ部分を少し大きめにカットします。

 

切断面を仕上げ、穴に合わせてふさぐプレートを製作します。

 

密着させながら溶接で仮付けします。

 

全周溶接します。

 

研磨して逃げ部分は完成です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です