Z1R2 K.S様 スイングアームのガタ

 

スイングアームにガタが発生し、高速でブレるほどとのことで点検します。

  

ジャッキアップしてスイングアームを揺すると、ピボットのスラスト方向にかなりのガタがあります。

 

同時に、リヤサスをナイトロンに変更するので、デモ車から外した同仕様のサスで取り付け確認します。

 

せっかくリヤサスを新調するなら、リヤの車高を上げたいところですが、ノーマルのマフラーステーがあるので検討が必要です。

 

こちらのサスは全長が365ミリなので、エンドアイで最短の360ミリに縮めます。

 

マフラーステーとスイングアームのクリアランスは3ミリほど確保できることが確認できました。この長さでオーダーします。

 

スイングアームを点検するので外します。

 

ピボットベアリングは交換済みのようできれいです。ベアリングの消耗ではないようです。

 

センターのスリーブは、スイングアームより1ミリ以上長い物が使われており、これがスラストガタの原因でした。

 

ガタはシムで調整します。

 

エンドキャップの中に、片側0.5ミリづつのシムを入れて、スラストガタを1ミリ減らします。

 

過去のブレーキフルード漏れで塗装が剥離していたので、研磨して塗装しておきます。

 

スイングアームピボットのセルフロックナットは、潰れているので交換します。

 

スイングアームのガタはこれでなくなりました。

 

ナイトロンの取り付け確認の続きです。チェーンとスプリングのクリアランスが狭いので修正します。

 

サス受けを広ます。

 

3ミリ広くした状態で締め付け、プレートを修正します。

 

3ミリのワッシャーをサスの内側に入れオフセットさせます。これでクリアランスは確保できました。

 

サスの納期は1ヶ月以上かかるので、とりあえず原状復帰します。チェーンケースも少し切り欠く必要がありそうです。

 

リヤ周り終了です。

 

リヤサス交換に合わせ、フォークオイルも交換しておきます。

 

スプリングを抜き、交換時規定量のオイルを充填します。

 

オイルレベルはマニュアル通りにします。

 

上から注射器で吸い取り、規定のオイルレベルに合わせます。

 

今回の作業は完了です。スペシャルオーダーするナイトロンのリヤサスの完成をお楽しみに。

コメントを残す