Z1000Mk2 W.H様 エンジンのパワーアップ化

  

前回のTOT予選で転倒リタイヤしたのを機に、エンジンをパワーアップすることになりました。結構ダメージのあった車体の修復はオーナーさん自ら行い、ほぼ元通りになったところで、今日からエンジンのパワーアップの為の仕上げをします。

 

修正は、フレーム、フォーク、ホイールと広範囲に渡ったそうです。

 

エンジンは主にピストンと排気量の変更です。今回使用するのはPAMSプロデュースのピスタルレーシング製ピストンを使います。

 

ボアはφ75ミリ、圧縮比は11:1位を狙います。

 

軽量であることを最優先にし、高回転まで常用できる仕様にする予定です。

 

裏側の形状は、10年以上前からある既存のピスタルレーシングのピストンデザインを踏襲した感じで、ポケット加工を多用し、ブリッジ構造になっています。ピストンピンが短いのも軽量化には大事なポイントです。

 

ワイセコピストンは今でも当時のままの出材なので、並べてみると隔世の感がありますね。

 

ピストンリングをセットし、組み立て準備します。

  

ゼッケン取付ベースにと、リムにブラケットも溶接します。

コメントを残す