Z1000Mk2 T.H様 エンジン腰上分解

  

エンジンオーバーホールのご依頼です。最近、エンジンオイルの消費が増え、過去のエンジン整備履歴も不明なことから、これから長く乗るにあたってオーバーホールをしておきたいとのことでの作業です。現状、エンジンはいたって調子いい状態です。

 

マフラー、外装、キャブと外していきます。

 

ヘッドカバーを外し、バルブクリアランスを計測しておきます。

 

カムホルダーの締め付けトルクも確認。全て大丈夫でした。

 

カムを外します。

 

ヘッドを外します。

 

燃焼室は、カーボンは多めですが、特に大きなダメージは無さそうです。

 

センターOリングに液体ガスケットが塗ってあるので、過去にヘッドまでは分解しているようです。

 

カムチェーンテンショナーのローラーは凸凹に摩耗しています。

 

ボアはノーマルのΦ70ミリです。

 

シリンダー下のローラーも凸凹に摩耗しています。

 

ピストンはノーマルのΦ70ミリです。

 

ピストンリングは完全にベタ当たりしており、オイル消費はこれが原因と思われます。

 

チェーンとスプロケを外します。

 

エンジンマウントを外し、エンジンを持ち上げます。

 

エンジンを下ろします。

 

この後、腰下も全分解します。

コメントを残す