Z1000J1 U.T様 マフラーステー製作

  

S1タイプのマフラーステーを製作します。先ず、子部品を製作します。

 

車体に合わせて位置決めとすり合わせをします。

 

そのままの位置で溶接します。

 

サイレンサーを外してステーの裏側も溶接します。

 

追加で三角補強板を入れます。

 

ホイールを外してパイプの裏側も溶接します。

 

溶接出来たら、刷毛で塗装して完成です。

 

最後に、スピードメーターセンサーキットを取り付けます。センサーはアウトプットシャフトにセット。

 

スピードヒーラーはキャブの隔壁裏にセット。配線してデータをセットアップします。

 

今回の足周りとブレーキのカスタムはこれで完成です。だいぶ完成に近づいてきましたね。あとはオイルクーラーでしょうか。

 

フロントローターはPMC製を使用。インナーのアルマイトは色を変更しています。

 

バックステップはワークス車タイプ。マウントはノーマルブラケットを削除して直付けです。サイレンサーの差し込みはバンド止めに変更。

 

マフラーはBLファクトリー製KRタイプをカチ上げ加工。マフラーステーはS1タイプのフレーム直付け。

 

スイングアームはZRX400ベースでS1風に改造。エキセンは弊社オリジナルのS1と同じ鋳造製。リヤローターはPMC製φ250ミリ。

 

左のフロントローターもフラットタイプ。スピードメーターセンサーはアウトプットシャフト側に移設。

 

ペダル類もワークス車タイプ。

 

スイングアームの表面仕上げはウレタン塗装。リヤアクスルシャフトはZZR400純正の中空シャフト。

 

リヤスプロケは弊社オリジナルのソリッドタイプ。

コメントを残す