Z1000Mk2 W.H様 エンジン腰下組み立て

  

部品が揃ったので4か月ぶりにエンジンの組み立てを開始します。クランクケースはミッションベアリングの締め付けが緩くなっていたので、別の程度のいいケースに交換し、セラコートで塗装しました。

 

ケースのネジ穴は、ブラストのメディアなどが残っていないか、全てにタップを立ててチェックします。

 

内側も同様に。ネジ穴は全部で100ヵ所ほどあります。

  

シリンダーのスタッドボルトは新品を使います。

 

クランクもベアリングにガタがあったので、別のクランクをベースにビトーR&Dでフルリビルドしたものを使います。

 

ピンはこのように溶接されています。

 

振れをチェック。0.04ミリありました。

 

点検棒も通ります。

  

アッパーケースに3軸をセットします。

 

新しく使用するクランクケースが前期型なので、シフト周りが異なります。こちらのZ1のエンジンをドナーにして、シフトドラムなどを流用します。

 

こちらがZ1のシフトドラムです。

 

左がMk2、右がZ1。Z1にはニュートラルポジションの窪みがあります。

 

Z1のシフトドラムを組み込みます。

 

フォークガイドは摩耗していたので新品交換します。

 

シフトシャフトも左側のZ1用を使用します。

 

フォークはWPC処理してある既存の物を使います。

 

Z1のシフト周りが装着できました。

 

オイルポンプを取り付けます。

 

オイルパンを取り付けます。

 

エンジンカバー類を取り付けます。

 

反対側も同様に。

 

ケースを正立させて、残りの補器類を取り付けます。

 

さあ、これで車載準備完了です。

コメントを残す