Z1000J2 A.K様 スプリームS1シート テールカウルチリ合わせ メインハーネススリム化

 

中古の純正リヤフェンダーを取り付けます。AMAスタイルならリヤフェンダーは必須です。

 

テールランプはバルブのフィラメントが変形しているので、予め新品交換しておきます。

 

J系はシートとテールカウル上部との隙間がかなり開くものです。そこでテールカウルをスペーサーで上に少し上げてマウントします。

 

上方に15ミリほど上がります。これに合わせてリヤ側のマウントは新規製作します。

 

シートはスプリームS1シートで、オーナーさんの身長が高いので座面のみ20ミリ高い特別仕様です。 

 

シート裏のマウントラバーですが、硬化していると走行中シートが前後に動いて不快なので、前側ダンパーラバーは新品があるので交換します。グリップが良くなってズレが減ります。

 

シート金具を復元します。

 

テールカウルのリヤ側マウントを製作します。

 

鉄板から切り出して、ノーマルのダンパーラバーがハマるようにします。

 

高さ調整可能なステーを介して、テールブラケットに固定します。

  

シートとテールカウルはピッタリ密着するようになりました。

 

テールランプの出代をスペーサーで調整して取り付けます。

 

テール周り完成です。

 

加工したスイングアームの塗装が終わって塗装屋さんから戻ってきました。この後ピボットベアリングを交換して取り付けます。

 

メインハーネスはZ1000-R2純正新品をスリム加工して使用します。今回まとめて3台分製作します。

 

前半の被覆を剥がします。

 

線は切らずに2本に分けてまとめます。

 

こちらの車両は丸メーターなので、メーター関係のカプラーを改造します。その他、サブメーター用の電源追加や、スターターロックアウトスイッチの無効化なども実施します。

コメントを残す