Z1000Mk2 T.T様 トップアイドラー交換

  

長期欠品でエンジンオーバーホール時に組み込めなかったレーシングトップアイドラーが入荷したので組み込みます。

 

6月にエンジンオーバーホールの作業はいったん終了しています。

 

暫定で使っていた純正のトップアイドラーを外します。その他のアイドラーは既にレーシングタイプを組み込み済みです。

 

左側がレーシングアイプのトップアイドラーです。スプロケットにダンパーが無く一体構造のリジットとなっており、ノーマルに起こりがちなダンパーゴムの劣化によるトラブルを防止できます。

 

レーシングアイドラーを組み込みます。

 

ガスケットを剥がしテンショナーを取り付けます。

 

ヘッドカバーを復元します。

 

カムプラグのところは液体ガスケットがはみ出すので、ふき取っておくと見栄えがいいです。

 

ふき取り後はこちら。

 

2時間ほどで作業完了。これで当分は安心して乗れるでしょう。

コメントを残す