Z1000A2 S.T様 Z1サイドカバー取り付け

 

Z1000AにZ1サイドカバー取り付けのご依頼です。

 

サイドカバーの前に、前後ローターも変更します。

 

フロントは中古でお持ち込みのサンスター製Z1Rタイプに変更。

 

リヤは新品の同仕様に変更します。

 

もとのパッドは酷くキズが付いているので、サンドペーパーで均します。

 

慣らし後はこちら。

 

Z1サイドカバー取り付けに当たって、リヤ側のエンジンマウントブラケットをZ1タイプに変更する必要があります。ついでなので、マウントボルト共々PMC製の新品に交換することに。

 

ブラケットを交換します。

  

リヤ側のエンジンマウントブラケットは、Z1タイプにはバッテリーブラケットの受けがありません 。

 

そこで、A2のブラケットからバッテリーブラケット部分を切り取って移植します。

 

溶接で接合します。

 

塗装して完成です。

 

ブラケットを取り付けます。

 

反対側もZ1タイプに交換します。

 

その他のエンジンマウントも交換します。

 

左サイドカバーの下側にあるA2用サイドカバー受けは不要になり 、Z1型のサイドカバーと干渉するので削除します。

 

バッテリーケースにスポット溶接されているので、一文字ドリルでスポット部分を削り取ります。

 

ブラケットが外れました。

 

Z1サイドカバーの突起とフレーム側のブラケットは位置が若干異なります。フロント側を基準に嵌めてみます。

 

リヤ側もほぼ合いますが、上側のブラケットとシートロックの位置がかなりズレるので修正が必要です。

 

右側はリヤマスターブラケット周辺も干渉します。

 

干渉部分をマークして、それに沿ってカットします。

カット後はこちら。

 

右側はリヤ側のステーの位置が異なるのでステーを一旦カットします。

 

シートロックのブラケットも一旦カットします。

 

カットした部分を滑らかに研磨し、新たな溶接部分の塗装を剥がします。

 

切り取ったブラケットを使い、位置をずらして溶接します。

 

反対側も同様に。

 

サイドカバーを仮付けし、シートロックブラケットの位置を割り出します。

 

サイドカバーの穴に合わせてセットします。

 

シートロックブラケットを溶接します。

 

最後に刷毛で塗装します。

 

塗装後、グロメットも新品に交換します。

 

反対側はこんな感じ。

 

Z1サイドカバーが付くようになりました。キーシリンダーの位置も合いました。

 

シートロックの位置を大きく移動したので、キャッチの位置をスペーサーで補正します。

 

後ろから見るとこんな感じ。

 

これで元からの火の玉タンクとテールに合わせ、サイドカバーもZ1となりました。

 

CVKキャブが付いており、口径が大きいのでパワーフィルターがサイドカバーに干渉します。

 

パワーフィルターはテーパー型に交換するので手配しましたが、マークした部分はカットする必要がありそうです。

コメントを残す