Z1000R1 K.H様 スイングアーム交換

  

交換用のスイングアームは、こちらのZ1100ーB2純正となりました。簡単にサビを落としてレストアします。

 

リヤショックのネジもタップを通しておきます。

 

強靭な塗膜のシリコン変性ラッカースプレーで塗装します。

 

フレーム側のスイングアームピボットは、横パイプが潰れたせいか内幅が少し狭くなっており、スイングームを外す時にかなりタイトでした。現在、スイングアーム幅の治具が入りません。

 

ジャッキで内幅を広げて修正します。一旦ジャッキで5ミリほど広げると、戻した時に0.5ミリほど拡大修正できます。

 

修正の結果、治具がピッタリとなりました。

 

スイングアームの塗装が乾いたので組み込みの準備をします。1000Jのスイングアームとは寸法はほぼ同じ、大きな違いは内側に補強が入っているところです。

 

補強は内側中間部分に面沿いでパッチが当てられています。

 

新しいピボットベアリングを圧入します。

 

端面にはオイルシールが入ります。

 

スイングアームを取り付けます。

 

チェーン引きのスライド範囲が若干違うので、アクスルシャフトは一番前寄りとなりました。

 

クリーナーBOXとキャブを復元します。

 

バッテリーケーブルも新品交換します。

 

マイナス側も同様に。

 

バッテリーは液がだいぶ減っているようです。

 

補充液をアッパーレベルまで補充します。

 

バッテリ周りはこんな感じ。

 

純正のツールBOXを取り付けます。

 

社外品のメインハーネスなので、ウインカー線の端子が一般のギボシになっています。

 

オーナーさんのご希望で、カワサキ純正端子が接続できる端子に変更します。

 

リヤウインカー線も同様に。

 

灯火類のチェックをします。

 

最後にウオタニSP2を取り付けます。ユニットはデュアルロックファスナーを介して、脱着可能且つ強力に取り付けます。

 

搭載位置はリヤのBOX内です。

 

SP2のハーネスは長さが足りないので、一部延長加工が必要になります。

コメントを残す