Z1000A2 T.M様 スタータークラッチの空転

 

スターターが空回りしてエンジン始動できないとのことで点検します。

 

試しにスターターを回してみると、スタータークラッチは全くかみ合わず、ただスターターが空転するだけです。

 

ジェネレーターカバーを外します。

 

既にジェネレーターローターが手で回せる状態です。

 

マグネットローターを外します。ボルトも緩くなっていました。

 

テーパー部は空転してかじった痕があります。

 

ローター側も同様にキズがあります。

 

他には特に異状は見られないので、テーパー部をバルブコンパウンドで擦り合わせて組み直すことに。

 

しばらく擦り合わせします。

 

スタータークラッチの締め付けトルクも確認します。こちらは問題ありません。

 

スターターギヤは圧痕が少しありますが、まだ使用限度内でしょう。

 

アップで見るとこんな感じです。

 

組付けのため、クランク内の脱脂も念入りにします。

 

ネジとテーパー面を脱脂した後、ネジロックを塗布します。キズが多いのでテーパー面にも少量塗って薄く延ばします。

 

締め付けトルクはやや増しておきます。

 

ジェネレーターカバー側は特に問題無し。

 

ジェネレーターカバーを取り付けます。

 

サイドカバーの脱着が固いので、グロメットにシリコングリスを塗っておきます。

 

これでサイドカバー脱着の際、爪への負担が軽減できます。

 

エンジン始動は元通りできるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です