Z1100B2 K.H様 ヨシムラST-L1組込み バルタイ調整 フォークオーバーホール

 

WEBカムの摩耗が発覚し、急遽カム交換となりました。今回はヨシムラST-L1を使います。

 

リフターはタペット音低減を狙って全数新品を使用。

 

カムを組んでバルブタイミングを規定値に調整します。

 

エンジン補器を取り付けます。

 

エンジン作業の最後にオイルを交換します。

 

続いて、オイル漏れしていたフォークをオーバーホールします。

 

Z1100-B2は、アンダーブラケットのすぐ上に、フォーク内圧を左右で均一化するためのイコライザーが付いており、インナーチューブには小さな穴が開いています。外したフォークを横にするとオイルが漏れるので要注意。

 

奥まったトップキャップを外し、フォークオイルを排出します。

 

フォークを分解します。特に目立つダメージは無いようです。

 

一通りの消耗品を新品交換します。上下メタルも交換します。上のメタルは部品番号44065-1091、下のメタルは92028-1126が適合します。

 

インナーチューブを2本合わせてみます。ピッタリと密着するので曲がりは無いようです。

 

フォークを組み立てます。

 

フォークオイルを入れます。

 

オイルレベルはマニュアル通りです。

 

オイルのエア抜きでフォークアウターを上下する際に小穴からオイルが漏れるので、テープで塞いでおくといいでしょう。

 

フロントフェンダーのボルトは不揃いだったので交換します。

 

フォークを組んだらエアを規定値入れます。

 

残りの車検整備をします。ブレーキフルードは前後とも交換します。

 

チェーンは清掃してチェーンルブを給油します。

 

ヘッドカバーサイドは1000J同様にポリッシュ仕上げとシルバーカムプラグとしました。いいアクセントになると思います。

 

あとはチェック走行して、問題無ければ完成です。

コメントを残す