Z1000Mk2 I.M様 脱着式サイドスタンド取り付け加工

  

サイドスタンドが破損しているので、この機会に脱着式に変更します。

 

以前傾きを修正した純正サイドスタンドでしたが、ボルト穴の近くで割れてしまっています。

 

ノーマルのブラケットを外すので、溶接個所をなるべく削ってハンマーでたたいて浮かせます。

 

ブラケットがきれいに外れました。フレームは錆びも少なく状態はいいと思います。

 

エンジンを下ろしてあるついでにセンタースタンドのブラケットも根こそぎ外します。

 

切断面を研磨して滑らかにします。

 

使用するサイドスタンド素材は定番のニンジャ250R系の純正品です。

 

フレームにボスを通す穴を開けます。

 

内部のゴミを取り除きます。穴開けに伴う切粉以外にも、パイプ内が錆びて剥落したような破片が無数に堆積しているものです。

 

エアブローして細かいほこりも取り除きます。

 

パイプ内部はこんな感じ。パイプ肉厚もまだ十分あり比較的きれいな方ですね。

 

スタンド側に溶接用のボスをセットしてフレームに差し込みます。

 

強度を確保するため貫通させているので、裏側に少し飛び出します。

 

溶接で仮止めしたら、サイドスタンドを外して全周溶接します。

 

溶接完了です。

 

裏側はこんな感じ。このサイドスタンド加工はエンジン搭載したままでも可能です。

 

ペーパーで研いだら刷毛で塗装します。

 

塗装完了です。

 

塗装したサイドスタンドを取り付けます。スプリングとボルトは新品を使います。

 

跳ね上げるとこんな感じ。バックステップでもつま先に十分なクリアランスが確保できます。

 

傾きはこのくらい。エンジン車載後に改めて傾きは確認します。

コメントを残す