Z1000Mk2 I.M様 フロントAPマスターのオーバーホール

  

シールキットが入荷したので、フルードが漏れていたAPのフロントマスターをオーバーホールします。全体の作業はエンジン塗装の完成待ちといったところ。

 

分解したマスターと、入荷したシールキット、それからシリンダー内面研磨に使うフレックスホーンです。

 

分解したシリンダー内を点検すると、大きな傷は無く、入り口付近が若干腐食しているようですね。

 

フレックスホーンで軽くラッピングしておきます。

 

研磨後はこちら。

 

シールキットにはこちらの4点が入っています。ピストンシール2個とワッシャー、スナップリングです。

 

シールとワッシャーを組み替えます。

 

ピストンをマスターに組み込みます。ブレーキスイッチは内部が腐食しているようなので接点復活スプレーを塗布しておきます。

 

オーバーホール完了です。

 

ブレーキスイッチの端子も腐食しているので、こちらにも接点復活スプレーを塗布しておきます。

 

キャリパーを外してダミーローターを挟み、エア抜きします。非常に剛性感のあるタッチがよみがえりました。

コメントを残す