Z1B N.Y様 ハンドル切れ角縮小とリヤウインカーとタイヤの干渉対策

 

ヨシムラのテンプメーターが点いたり消えたりするので調べてみると、内蔵電池の消耗でした。交換後は正常です。車両から電源を取っていますが、それはバックライトとIG連動の為だけで、全てのデジタル表示は内蔵電池の電力で行っており、1年くらいで消耗します。異常がでたら先ず電池切れを疑ってください。

 

ステム交換後、右だけタンクとヘッドライトステーが干渉するので、フレーム側のストッパーに溶接盛りして切れ角を減らします。

 

これで3ミリほどクリアランスが確保できました。

 

溶接個所はタッチアップしておきます。

 

続いてリヤウインカーステーとタイヤの干渉対策です。現状ではリヤショックがフルストロークすると、ウインカーステーのネジとタイヤが干渉します。現に、リヤタイヤの両側には線状の傷が1周入っています。特に右側は、転倒でステーが内側に曲がっているので修正は必須です。

 

ステーを内側からボルトで止めるタイプに変更します。

 

ステーの変形はジャッキで広げて修正します。

 

修正後、取り付けてみるとタイヤサイドとほぼ同じ位置です。もう少し追い込んだ方がいいでしょう。

 

使用するワッシャー類を最少にし、更にボルトを薄く削ります。

 

これで5ミリほどクリアランスが確保できました。

 

リヤ周りを復元します。

 

今回の作業はこれで終了です。次回、ワイセコピストンキットとボーリング済みシリンダーのセットが入荷したら改めてエンジンを分解して交換します。それまでは深いスカッフのあるシリンダーをいたわりながら走行してください。

Z1B N.Y様 モリワキステム装着とモリワキバックステップのレバー比改善

 

試乗した時にクラッチレバーの動きがカクカクして、半クラッチが非常にコントロールし難い状態でした。

 

動画で見るとこんな感じ。握ったレバーを戻す際、スムーズに戻らないで小刻みに戻ってしまいます。クラッチが突然繋がるので、半クラッチの調整が困難です。

“Z1B N.Y様 モリワキステム装着とモリワキバックステップのレバー比改善” の続きを読む

Z1B N.Y様 暫定でキズありシリンダーをホーニングして再使用

  

深いスカッフのあるシリンダーの対処には、内燃機屋さんが混んでいる今の時期、ボーリングするだけでも数か月待ちなので、ワイセコピストンとボーリング済みシリンダーのセットを手配しつつ、入荷するまで暫定で現在のシリンダーを使うことに。フレックスホーンでキズを少し均しておきます。

 

ホーニング前はこんな感じ。傷が深いのは特にこの1番シリンダーです。

“Z1B N.Y様 暫定でキズありシリンダーをホーニングして再使用” の続きを読む