Z1000Mk2 M.H様 キャリパーサポート製作

  

フォークをノーマルからカヤバに交換したとのことで、キャリパーサポート製作のご依頼です。

 

ローターも合わせてサンスターのネオクラシックに変更されています。径はφ320ミリ。先ずはキャリパーとローターのクリアランスを確保するためにローター外周にワイヤーをセットします。

“Z1000Mk2 M.H様 キャリパーサポート製作” の続きを読む

デモ車Z1100B2 ブレーキホース製作

  

キャリパーサポートができたので、キャリパーを仮付けしてブレーキホースを現車合わせで製作します。

 

フロントは、上下ともストレートのフィッティングを使います。マスターからはホースが2本出る方式でレイアウトします。

“デモ車Z1100B2 ブレーキホース製作” の続きを読む

Z1100R K.N様 S1スイングアームの修理 寸法取り

  

修理にあたり、寸法取りします。ピボットはキャップが付くタイプで、全幅236.8ミリ。ノーマルのフレーム内幅が平均236ミリ、それより0.8ミリ広い状態でなので、装着の際はかなりきついでしょう。おそらく、キャップ無しでZ1系フレームに入るように設計されたものだと思われます。

 

その他の部分はS1スイングアームと酷似しており、ほぼフルコピー品と言っていいでしょう。

“Z1100R K.N様 S1スイングアームの修理 寸法取り” の続きを読む