Z1000J1 K.H様 ブレーキホース製作

 

交換し加工したメインハーネスの動作チェックが済んだので車両に艤装していきます。ヘッドライトケース内はカプラーなどの配置を適正にして、潰さないように注意して組み込みます。

 

車両全体のハーネス艤装が完了しました。

“Z1000J1 K.H様 ブレーキホース製作” の続きを読む

Z1000J1 K.H様 タンクWコック加工完成

 

交換用に持ち込まれたワークスパフォーマンスのリヤショックを点検します。オーバーホール歴があるとのことですが、ちょっと問題がありそうです。

 

アッパーブッシュは純正のナイロンのようですが、劣化しているので要交換です。

“Z1000J1 K.H様 タンクWコック加工完成” の続きを読む

Z1000J1 U.T様 マフラーカチ上げ加工

 

ペダルを製作します。

 

カワサキワークス車のペダルをモチーフに、全てスチール製の部品から手作りします。ステーの角度は現車合わせで決めます。

 

溶接組み合立て後、塗装して完成です。

 

チェンジペダルを仮付けします。

 

ここでチェーンを取り付けます。外してあった元のチェーンを新しいジョイントで繋ぎます。

 

フロントスプロケを1丁増やしたので、リヤアクスルの位置は少し前寄りになりました。

 

チェンジリンクを仮組します。

 

ブレーキペダルを取り付けたら、ブレーキホースを現車合わせで長さを決めて製作します。

 

メッシュホースには、製作途中でビニールホースを通します。この雰囲気が当時風。

 

リヤブレーキスイッチは油圧式を使います。

 

リヤキャリパー、トルクロッドを取り付け、ホースをレイアウトして固定します。

 

エア抜きするのでキャリパーを一旦外し、先ずはバキュームポンプで吸引します。

 

キャリパーまでフルードが達したら、ブリーザーを上に向けて通常のエア抜きをします。

 

マフラーはワークスバックステップに合わせて少しカチ上げるので、集合部直後で一旦切断します。直角に切るため、紙テープを巻いてマーキングします。

 

切断します。

 

他にも不要なステーなどを削除します。

 

サイレンサーの差し込みはバンド止めにするので割りを入れ、溶接する部分は塗装を剥がしておきます。

 

車体に取り付け角度を決め、パイプの接合面を擦り合わせします。

 

接合面の擦り合わせができたら、溶接で点付けします。

 

仕上げの溶接をするので集合部を外します。

 

全周溶接します。

 

黒染め塗料で塗装します。

 

マフラーを仮付けして角度を確認します。

 

スイングアームとのクリアランスは十分ありますね。

 

後ろから見るとこんな感じです。

 

この後、S1同様のマフラーステーを製作して吊り下げます。