Z1000J2 U.S様 ワークスS1仕様 スペアヘッドとダイマグの準備

  

スペア用のヘッドを入手したとのことで、こちらも使えるように再生します。カムホルダーのトルクはしっかりかかり、その他のネジも全て大丈夫。

 

バルブを外して細部を点検します。基本的に未加工ヘッドなので、素材としてはいいものです。

“Z1000J2 U.S様 ワークスS1仕様 スペアヘッドとダイマグの準備” の続きを読む

Z1000J1 F.Y様 ワークスS1仕様MONSTER#60 S1シートリニューアル

  

S1シートが完成したので、リヤ周りをアッセンブリーします。今回のS1シートはノーマルスポンジを成形しなおした従来タイプの製法の物です。

 

もとはこんな形状。もとのオーナーさんがどこかのシート屋さんで製作されたものでした。全体的に丸みをおびています。

“Z1000J1 F.Y様 ワークスS1仕様MONSTER#60 S1シートリニューアル” の続きを読む

Z1000J2 U.S様 ワークスS1仕様 外装塗装完成・取り付け

  

今年の3月にオールペイントを依頼した外装セットが、約半年かかってようやく完成しました。最近は塗装屋さんも大変多忙のようです。

 

車両の方は完成していましたが、外装交換のため再度ご来店いただきました。

“Z1000J2 U.S様 ワークスS1仕様 外装塗装完成・取り付け” の続きを読む

Z1000J1 K.H様 ワークスタイプオイルクーラー取り付け加工とPMC製S1ローターのアルマイト色変更

 

ワークス車タイプの取り付けでオイルクーラーをセットアップします。先ずはコアの耳は不要なので削除します。

 

当時の部品に似せるため、サイドパネルに穴開けします。このあとシルバーに塗装しておきます。

“Z1000J1 K.H様 ワークスタイプオイルクーラー取り付け加工とPMC製S1ローターのアルマイト色変更” の続きを読む

Z1000J1 K.H様 アウトプットシャフト側スピードメーターセンサー取り付け

 

ミッションのアウトプットシャフト側にスピードメーターセンサーを取り付けます。

 

ボルトは高強度の長いボルトに変更し、厚いワッシャーやトリガー用の回転子、オフセットスプロケをクリアするスペーサーなどを共締めします。

“Z1000J1 K.H様 アウトプットシャフト側スピードメーターセンサー取り付け” の続きを読む