Z1R1 A.H様 ブレーキペダルの加工

クラッチレリーズを分解点検します。

 

内部は潤滑状態も良く、グリスアップだけで大丈夫です。

 

カバーを洗浄してレリーズを組み込みます。

 

クラッチケーブルも既存のもので問題無いので、エンジンオイルを注して潤滑して組付けます。

 

クラッチレバーも一旦外してグリスアップします。

 

クラッチケーブルを付けたら、レリーズの遊びを調整します。

 

続いてリヤブレーキ周りです。

ノーマルマスターは漏れがったので、こちらの現行車種の物に交換します。

 

削除されていたブレーキペダル軸を付け直した関係でアライメントが変わり、

プッシュロッドはこちらのロッドエンドを使うことに。

 

ブレーキペダルのプッシュロッドアーム部分を一旦カットして改造します。

 

改造後はこちら。

 

ロッドエンドが直接付くようにしました。

 

ペダルを塗装します。

 

既存のブレーキホースは収まりが悪いので新たに製作することに。

 

上下のフィッティングも最適化し、ホースの長さは現車に合わせます。

 

ブレーキホースを製作します。

 

製作したブレーキホースを取り付け、キャリパーは一旦外してエア抜きします。

 

キャリパーのブリーザーの位置は、基本は対角の位置にするのがフルード交換やエア抜きの関係で合理的です。

 

リヤブレーキ周り、完成です。

 

純正のフィルターボルトが入荷したので取り付けます。

 

マフラーを取り付けます。

 

サイレンサーのステーは、新しいスイングアームに合わせて修正します。

 

吊り下げのステーは、長さが変わったので新作しました。

 

サイレンサーのねじりの向きも修正し、マフラーが付きました。

 

ワークススイングアームのトラス補強部分です。マフラーの逃げ形状がフィットしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です